新着情報

新着情報

2018/02/14探究活動・部活動

【自然科学/科学分野】2/10(土)、静岡大学工学部にて第2回目の分子生物学の実験を行いました。

210日、静岡大学工学部8号館において、静岡大学技術部バイオグループ長の大橋和義さんの指導のもと、第2回目の分子生物学の実験を行いました。
1つめの実験は、バイオテクノロジーの発展を支えてきた基礎技術である遺伝子組み換えの実験を行いました。蛍光タンパク質(GFP)遺伝子を組み込んだプラスミドを大腸菌に導入して形質転換させました。クリーンベンチ内で大腸菌プレートからループを使用して釣菌したり、コンラージ棒を使用して作業を行いました。GFP遺伝子を導入された大腸菌に、紫外線を当てることで蛍光を発していることが確認できました。
2つめの実験は、遺伝子実験で重要なツールのプラスミドを大腸菌から単離し、制限酵素処理して切断して、電気泳動で確認をしました。ゲルを作製したり、ゲルの穴に溶液を入れる作業はどれも複雑で難しかったですが、きれいなバンドが確認できました。