目指す授業像

目指す授業像

目指す進路につながる時間。
50分の授業に、学芸のすべてがある。

教師の成長が
授業の質を高める

本校では、教師自身も学び続ける姿勢を大切にしています。“T-Labo”という教育研修を通じて、授業の質を高めるための研修を実施。その集大成として「目指す授業像」を定め、授業のあり方を明確に示しています。

主体性と探究心を
育む学び

生徒自身が能動的に学ぶ、アクティブラーニングを重視しています。生徒同士で学び合ったりグループで課題解決に取り組んだりする「協働学習」を多く取り入れ、主体性や探究心を育んでいます。

自分で計画を立て、
振り返る

本校の生徒は「マイ スタディプラン」という手帳に学習計画を立て、学びを進めます。実施した結果を振り返り、改善につなげることが、重要なポイントです。その過程を年3回以上の別面談でフォローします。

国語

論理的な思考力と
的確な表現力の育成

主張や主題を理解し、
考える力を育む
言語能力を高め表現する力を養う

文章構成を意識しながら読解する力を育み、他者との学び合いの中で視野を広げます。こうした学習を通じて、道筋を立てて思考し表現する力を高め、あらゆる知的活動の土台となる国語力を身につけます。


国語
岩田 幸裕

3年間を通してどのような力を身につけてほしいですか?
国語の学びを通して、論理的な思考力と的確な表現力を身につけてほしいと思っています。
授業の中で特に力を入れて指導していることは何ですか?
本校の国語科では、意見文発表やグループ学習の場を設けて、生徒たちの表現力を育てています。
プログラムの内容や使用教材について、どんな特徴がありますか?
新入生課題として使用しているのが、「千里之志」というオリジナルテキストです。高校での学習がスムーズに開始できるよう、このテキストを活用しています。
高校卒業後、学びの成果を社会にどう役立ててほしいですか?
国語はすべての教科の土台であり、幅広い分野の入り口に導くという重要な役割を持っています。また、言葉を介してコミュニケーションを取ることは、相手の意をくみ取り、自分の思いを伝える上でも不可欠なことです。そうした重要性を理解した上で国語を学んでほしいと思います。

数学

対話する授業

「なぜ?」を大切にする教師と生徒の対話
「どう解く?」を追究する自分自身との対話
「どうして?」を説明する生徒間の対話

教師と生徒のやり取りを重んじる解説、徹底的に自問する演習、とことん仲間と語る学び合い。これらを通じて本質的な理解を追い求める姿勢、そして自らが理解したものを他者へ確実に伝えられる力を身につけます。


数学
宇都 元

3年間を通してどのような力を身につけてほしいですか?
生徒が希望する進路を実現するためには、「大学受験で出題される数学の問題に正解していく力」を身につけることがまず必要です。その上で「物事の本質を見抜く力」や「自分の思考したことを論理的に発表する力」「他人の助言を受け入れる力」そして、「数学や科学を好きになり、美しさを感じる力」を身につけてほしいと思います。
授業の中で特に力を入れて指導していることは何ですか?
「授業」と「自宅学習中における演習」の2つをとても大事なものと位置付けています。授業では「対話」を心がけ、そこで学んだことが解答力につながるよう自宅での演習を促します。単に理解するだけでは数学の解答力はつきません。実際に自分の手を動かして演習することの大切さを伝え続けています。自分に嘘をつかず妥協しない姿勢を持って学んでほしいと思います。
プログラムの内容や使用教材について、どんな特徴がありますか?
「授業が命」と考え、授業の時間をとても大事にしています。本校には、授業と自学自習だけで大学受験に挑む生徒も少なくありません。また、先取り学習にも力を入れており、理系の場合は高校3年の5月すぎに数学Ⅲが終わります。
高校卒業後、学びの成果を社会にどう役立ててほしいですか?
数学の世界では、問題に対する答えはひとつです。これを「解の一意性」といいます。しかし、現実の社会で問題に対する答えがひとつに定まることはまれでしょう。ひょっとしたら、答え自体がそもそも存在しないかもしれません。答えが存在しない時は「最適解」を求めることになりますが、その際に何よりも大事なのは、「考える」ことです。
問題に直面した時、すぐに正解を知って楽をするのではなく、自分の頭で粘り強く考えること! これを学ぶのが数学という学問で、数学を真剣に学んだ経験は社会に出てからも必ず役に立つと思います。

英語

英語ができる、世界が広がる
~Broaden Your Horizons~

4技能の向上、
Learn&Practice、
グローバルな視野の獲得

英語を使いこなすために必要な基本ルールを習得し、学んだことを実践的に活用できる授業が学芸には用意されています。英語学習を通じて異文化を理解するとともに運用力を高めることによって、社会に出ても通用する英語力の土台を作ります。


英語
菅原 裕明

3年間を通してどのような力を身につけてほしいですか?
英語の基本ルールを習得するために必要な「論理的思考力」と、高校時代に学んだことを卒業後もさらに発展的に学び続ける「継続力」。主に2つの力を身につけてほしいと思います。
授業の中で特に力を入れて指導していることは何ですか?
英語を使う際は、「なんとなく」という感覚にできるだけ頼らず、「英語のルールに従って運用できているかどうか」という点に常に立ち返ることが重要です。間違いを恐れずに英語を使ってみて、違っていた時は修正してさらにまた使ってみる。その繰り返しを地道に行うことが大切だと思います。理論と実践のバランスに重点を置いて指導を行っています。
プログラムの内容や使用教材について、どんな特徴がありますか?
英語でのコミュニケーション力のみが重視されがちですが、浜松学芸高校の英語の授業ではそのコミュニケーションの「土台づくり」に力を注いでいます。文法や単語の知識、文化的な知識など、基礎的な学びに多くの時間を割いていることが特徴です。
また、実践力という点では高1・高2にネイティブ教員による英会話の授業を行い、さらに英語検定に向けた対策ゼミや2次試験用の個別面談練習、速読力を鍛えるための洋書多読プログラムなども取り入れています。「楽しみながら学ぶ」という点にも配慮しながら実践的な力を身につけられるプログラムを用意しています。
高校卒業後、学びの成果を社会にどう役立ててほしいですか?
これからの時代を生きていく子どもたちは、英語に限らず何らかの外国語を使って世界中の人々とコミュニケーションを図る機会がますます増えていくと思います。そうした機会を有効に活かせる能力を身につけることがとても重要です。
本校で学ぶ生徒たちには、英語や外国文化の知識を土台にして、まずは文化や価値観が異なる人たちと交流する機会を積極的に持ってほしいと思います。そうすることによって自分の国や自分自身を見つめ直すとともに、自分自身の考え方の幅を広げ、多様な価値観に柔軟に対応できる人間になってほしいと思います。

地歴・公民

身近に感じる社会

興味関心を高める授業
知識・学力を確立する授業
自己の意見や立場を明確にする授業

オリジナルテキスト等を使用し確かな知識・学力を確立します。また身近な題材から生徒自らが現代の社会における課題を発見し、その解決策を他者にむけて自己の意見や立場を明確にし、社会に貢献できる人材を育成します。


地歴・公民
柴田 剛

3年間を通してどのような力を身につけてほしいですか?
資料やデータを見てその背景を読み取る力や、物事を多角的・多面的にとらえる力を身につけてほしいと思います。また、自ら学びに取り組み、各教科の知識を横断的に関連づける能力も重要です。現代社会における課題を発見し、自分の意見や立場を明確に表現できるようになってほしいと思います。
授業の中で特に力を入れて指導していることは何ですか?
新聞記事やニュースなど身近な話題をきっかけに、各科目に関連する内容に落とし込んでいます。また、教科で学んだ内容が自分の身近なテーマに関連していると理解させることも、大切なことのひとつです。授業内容に関連した適切な課題を選定し、生徒同士で考察する機会を設けています。
プログラムの内容や使用教材について、どんな特徴がありますか?
教員が作成したオリジナルテキストを使って授業を効率良く進めるとともに、大学入試に必要な授業のレベルを確保しています。教員が持つ知識や技術を活かし、生徒の「探究活動・部活動」をバックアップすることも重要です。探究活動によって得た情報や知識を教科の指導に還元し、授業に広がりと深みを持たせています。
高校卒業後、学びの成果を社会にどう役立ててほしいですか?
地歴・公民は、現代の日本や国際社会・国際関係を理解するために必要な科目です。現代社会における課題、将来のあるべき社会の姿や自己の課題を発見するためのツールでもあります。政治・経済・国際関係など、実社会の問題には決まった「正解」は存在しません。だからこそ、自ら考えて行動し、答えに近づいていけるように努力することが大切です。
また、生徒たちが今後、一人の有権者として自分の考えに基づいて一票を投じることができるようになってほしいと思います。投票行動を起こすことによって明確な当事者意識を持ち、社会に対する関心を高めてほしいと考えています。

理科

科学的な探究心の育成

理科への興味関心、
共に学び合う学習の機会
知識の定着と思考力の養成

オリジナルテキストやグループワークを活用し、効果的に知識を定着させます。また、映像資料や実験による体験などを通して、理科に対する興味関心を高めます。


理科
髙力 崇

3年間を通してどのような力を身につけてほしいですか?
生徒たちにまず求めるのは、科学的知識を着実に身につけ、原理に基づいて考える力を養ってくれることです。その上で、複雑な事象でもさまざまな基礎知識を持ち合わせて統合的に考え、その本質を見抜けるようになってほしいと思います。そのためには、身につけた知識をひとつの「点」としてとらえるのではなく、点と点を結んで「線」を作り、さらに「面」を描いていくイメージで学習してほしいと思います。
授業の中で特に力を入れて指導していることは何ですか?
生徒が主体的に取り組めるように、グループワークと個人学習をうまく組み合わせて授業を行っていきたいと考えています。生徒同士の話し合いから生まれるひらめきや、自分の考えを相手に伝えることによって深まる理解、「自分の力で解けた」という感覚を大切にしてほしいと思います。
プログラムの内容や使用教材について、どんな特徴がありますか?
オリジナルテキストやプリント、ICT機器を用いて、知識の伝達を効率良く行っています。講義によるインプットの時間だけではなく、演習などのアウトプットの時間をなるべく増やすことで、生徒自身が考えたり説明したりする時間を多く取るようにしています。
高校卒業後、学びの成果を社会にどう役立ててほしいですか?
何か問題に直面した時は、その問題について筋道を立てて論理的に考えることが重要です。複雑な事象でもさまざまな知識を持ち合わせて統合的に考えることが大切だと思います。この姿勢は、理科学習の根幹をなすものであり、人が生きていく上でも非常に重要なものです。
現代社会を支える科学技術は、先人たちの知識と知恵の上に成り立っています。新しい知識や知恵が生まれる時、その原動力となってきたのが、知的好奇心(科学的な探究心)です。理科好きな生徒たちが好奇心や探究心を存分に発揮し、そのフィールドをさらに広げてほしいと思っています。

保健・体育

自立&自律

生活力と自己コントロールと
リーダーシップの育成

保健では、グループワークを中心に、健康への関心を高め、自身の心身の向上を考えます。体育では、球技を中心に、チームワークの向上やフェアプレーの意識を高め、自分たちで試合運営ができるようにします。


保健・体育
伊藤 守彦

3年間を通してどのような力を身につけてほしいですか?
自ら健康的な生活スタイルを築いていける力と、周囲との協力の中でリーダーシップを発揮できる力を身につけてほしいと思っています。
授業の中で特に力を入れて指導していることは何ですか?
保健分野では、単元ごとに独自のプリントを用意し、個々で考えたりグループで話し合ったりしながら自分の健康づくりに興味を持って取り組みます。体育では、各競技のルールを理解して体力向上とチーム力向上に取り組み、協力しながら学んでいけるような指導を行っています。
プログラムの内容や使用教材について、どんな特徴がありますか?
体育では3年次にクラス内でチームを作り、そのチームでさまざまな競技を行います。そうした取り組みを通してチームでの協力やリーダーシップを考えていきます。
高校卒業後、学びの成果を社会にどう役立ててほしいですか?
人にとって幸せの基本となるのは、自分や家族の健康づくりです。その重要なテーマについてしっかりと知識を身につけてほしいと思います。また、体育実技で身につけた協力やリーダーシップをベースにして、社会人として人の先頭に立つ人になってほしいと思います。

音楽・美術・書道の共通テーマは、
「好きなことを深く学ぶ」。

音楽

音楽を通して表現する力を養う

歌唱・器楽・鑑賞の学習を通して、協働して音楽を感じ、共に表現する喜びを体験します。音楽により学校生活を鮮やかに彩ります。

美術

美術がもっと好きになる

基本的な知識・技能を身に付けると共に、表現活動を通し自己の内面と向き合い、人生の糧となる美意識を養います。また共同制作や発表・鑑賞も行いコミュニケーションやプレゼンテーション能力を育成します。

書道

書の美を追求し、創造し、表現していく

「気づき」「発見」し、感性を高めながら、表現と鑑賞の基礎的な能力を向上させます。書くことに加え、書や文字文化についての理解を深めます。

目指す授業像

Feature