高校教育

芸術科 美術コース

高度な技能と知識を身につけ、進路を切り開く。

美術の専門教員から分かりやすい指導を受け、「描くこと」「造ること」の基礎を広く学び、高度な技能を習得。「美術史」や「美術概論」などの科目を通して美術に関する幅広い知識を身につけます。難関美術大学や教育系大学などへの進学はもとより、作家やデザイナーなど将来の目標を実現するために、個性を伸ばし確かな表現力を身につけます。

審美眼と洞察力を養う。

1年間に複数回の美術館鑑賞や美術大学見学を実施。他にも、社会で活躍する作家の特別講座やワークショップなどを通して、「本物」に触れる機会を設けています。それらの多様な活動を通して審美眼や思考力、本質を見抜く洞察力などを養い、豊かな人間性を育みます。

社会とつながり未来を創り出す。

3年間を通じて身につけた造形能力を、学内や地域と連携したプロジェクトや各種団体と協働した課外活動の場で発揮します。将来を見据えた多様な学びを通して主体性を育み、社会や人とつながる実践経験を深めます。

4つの専攻別教育

油絵専攻

油絵専攻では、デッサンと油絵を基礎から学びます。静物や人物などをモチーフに、さまざまな技法を取り入れた制作を行うのが、本専攻の特徴です。基本をしっかりと学んだ上で豊かな表現力を養います。

デザイン専攻

デザインに対する多様なニーズに対応し、平面・立体・空間 の3つの領域でデザイン表現を学びます。このデッサン・ 色彩構成・立体デザイン・ CG制作などを通して確かな表現力と発想力を磨きます。

日本画専攻

静物・石膏デッサン、水彩絵の具を使った制作などを通して、日本画の制作に必要な描写力を身につけます。道具や画材、伝統的な技法について学ぶほか、岩絵具や和紙を使った本格的な日本画実習も行います。

彫刻専攻

彫刻専攻の授業ではまず、 デッサンを通して基礎的な表現力を身につけます。さらに水粘土などを使って立体的にものを見る力や表現力を習得します。その後立体作品の制作技術や造形理論などを幅広く学んでいきます。

仲間と一緒に感動を味わう3年間

生徒の視点で運営する「作品展」

クリエート浜松で行われる「作品展」は、美術コースの3年間を締めくくる一大イベントです。各専攻分野の課題など、創作活動の集大成となる作品を制作します。イベントの企画やポスター制作などを生徒自身が行います。

イベント・受賞歴

2021年度美術コースの主なイベント(予定)

4月
校外学習(美術館見学など)
6月
ときわ祭(作品展示・アートライブ)
7月下旬
多摩美術大学・東京造形大学
オープンキャンパス参加
7月
~8月
夏期実技講習会
(高1・2大作制作 高3受験対策)
8月
夏期ゼミ(100以上の学科講座)
9月中旬
高3・作品展(クリエート浜松)
9月下旬
校外学習 (東京藝大と美術館の見学など)
高1クレイワーク実習 (陶芸実習・静岡県立三ケ日青年の家)
11月
高2修学旅行
12月
高1実技専攻説明会
冬期実技講習会(裸婦デッサンほか)
2月下旬
関東5美術大学卒業制作展見学
(国立新美術館)
3月下旬
春季実技講習会
(2学年合同専攻別実技)

2020年度 美術コースの主な受賞歴

令和2年度 静岡県高等学校総合文化祭 (美術・工芸部門) 第68回 静岡県高等学校美術・工芸展
静岡県高等学校美術・工芸教育研究会優良賞
後藤 円「自由の衰退」
吉山 采花「ユートピア」
令和2年度 静岡県高等学校読書感想画コンクール
優秀作品 一般社団法人静岡県出版文化会理事長賞
藤田 朱音 (指定図書部門)「溢れ出る希望」
青柳 里奈 (自由図書部門)「音と父に、春を」
※上記2名は静岡県代表として第32回読書感想画中央コンクールへ 出品され、高等学校の部/奨励賞を受賞しました。
浜松市芸術祭第68回市展 絵画部門奨励賞
阿知波 友実「繋がる」
水口 万里奈「美術脳」
全日本きもの装いコンテスト (東海・中部大会)
2位 「浜松学芸高等学校Aチーム」
酒井 そよか・松下 香蓮・松尾 杏夕莉
4位 「浜松学芸高等学校Bチーム」
河合 伸晃・影山 裕斗・藤城 涼太郎
※浜松学芸高等学校Aチームは令和3年度6月に開催予定の世界大会に出場します。