高校教育

芸術科 書道コース

理論と実技の両面から書を学ぶ。

文字を芸術的な美の対象として、漢字や仮名を素材に自らの感動や個性を表現する芸術である書を、深く広く学んでいきます。また、書文化、文字文化を学び、書くことに対する知識を深めます。

考えて書くことの実践。

書の美を構成する要素や書の美しさとは何かを考え、適切な鑑賞能力を養います。筆の接触から離脱まで、一画一画の表現に何を込め、何を求めるのか、また、一枚の作品にどのような表現世界をつくり上げるのかを考えて書くことを実践します。好きなことを深く追求しながら人間的な成長も図ります。

社会とのかかわりの中で発信する思考力を醸成。

校外学習で筆・硯・紙の製造工程を学び、書と現在の状況や、発信方法について想いを巡らせます。書き初め教室を実施し、地域社会に根差した活動の中で、発信する力やコミュニケーション能力を養います。

教育プログラム

「書道」とひと口に言っても、漢字や仮名など多様な表現の分野があります。大学進学後やその先にどのような分野に興味を持ったとしても対応できるよう、高校時代の3年間で幅広い分野の基礎づくりを行います。「漢字の書」「仮名の書」「実用の書」「篆刻・刻字」を網羅したカリキュラムの幅広さが、書道コースの特徴です。すべての科目を必修科目とし、3年間を通じて基礎から応用までの流れを繰り返しながら技術を向上させます。

カリキュラム(2022年度)

※2022年度予定カリキュラムのため、変更の可能性があります。

専門科目

漢字の書

漢字のすべての書体 (楷書・行 書・草書・隷書・篆書)の基本や、 有名な古典の特徴と歴史を学びました。筆使いや時代背景などを知り、手本を真似るだけの作品から脱却することができました。

 

実用

硬筆書写技能検定試験に合格するため、コツコツと練習しました。 先生が一字一字を見て添削してくださるので、技術が高まります。また、筆記具ごとに立てたり寝かせたりと書き方の違いを知ることができました。

仮名の書

筆の持ち方や、字母と呼ばれる仮名のもととなる漢字も学びました。名筆によってそれぞれ、「鋭い」「やわらかい」「ゆったり」などの特徴があることに面白さを感じています。

篆刻・刻字

篆刻は石などに刀で刻すこと、刻字は木に文字を刻して、作品を立体的につくることです。達成感がとても大きく、言葉や書体、デザインによって作品に個性が出るという面白さがあります。

授業もイベントも、書道の楽しさがいっぱい!

「書き初め教室」の先生役に

書道コースの生徒たちが例年行っているのが、地域の小学生を対象にした書き初め教室です。浜松子ども館などに出張し、筆の持ち方などの基本から指導します。普段とは違う立場で書に関わる経験が、生徒たちを一段と成長させます。

アートライブでの即興制作

書道コースと美術コースの生徒が舞台に上がり、即興で文字や絵を書く「アートライブ」。例年は本校のときわ祭で披露されますが、2020年度は浜松市動物愛護教育センター主催のイベントとして行われました。

作品展(クリエート浜松)

クリエート浜松で行われる「作品展」は、3年間の集大成となるイベントです。自分自身のテーマで創作を行い、高校時代に取り組んできた芸術活動の成果を発表します。自分が制作した作品を紹介するギャラリートークも注目です。

宇宙への思いを綴った俳句を揮毫

「小中学生の俳句を静大衛星で宇宙へ」という取り組みに際し、入選者に配られる俳句短冊を書道コースの生徒が揮毫しました。入選者の俳句は金属プレートに印字されて静岡大学の人工衛星STARS-Me2に搭載され、宇宙に届けられる予定です。

イベント・受賞歴

2021年度書道コースの主なイベント(予定)

4月
校外学習(筆製造工房の見学など)
6月
ときわ祭 (作品展示・アートライブ)
6月下旬
文部科学省後援書写技能検定
7月下旬
~8月
夏期実技講習会
8月
夏期ゼミ(100以上の学科講座)
9月上旬
高3作品展(クリエート浜松)
9月下旬
校外学習(東京国立博物館見学など)
9月下旬
高1クレイワーク実習 (陶芸実習・静岡県立三ケ日青年の家)
11月中旬
文部科学省後援書写技能検定
11月
高2修学旅行
12月下旬
冬期実技講習会
12月下旬
学芸の杜 書き初め教室
1月下旬
文部科学省後援書写技能検定
2月下旬
校外学習
3月下旬
特別講座
3月下旬
春期実技講習会

2020年度 書道コースの主な受賞歴

第44回全国高等学校総合文化祭書道部門優秀作品展示作品 代替審査会
◆読売新聞社賞・奨励賞/北嶋 栞菜 ◆推薦/増田 海音
令和2年度静岡県高等学校総合文化祭書道部門
◆静岡県教育委員会教育長賞/大石 くるみ
◆静岡県高等学校文化連盟書道専門部会長賞/村松 怜
第29回国際高校生選抜書展~書の甲子園
◆団体[中部北陸地区] 優勝(4年連続7回目)
◆優秀賞/北嶋 栞菜・増田 海音
第37回中日書き初めコンクール
◆文部科学大臣賞/増和 陽菜
◆静岡県知事賞/秋山 花林
◆静岡県議会議長賞/堀田 夏帆
◆中日準大賞/布目 華穂
◆静岡県教育委員会教育長賞/吉原 美歩
第57回全日本書初め大展覧会
◆全日本書写書道教育研究会賞/大石 くるみ
第44回学芸書道全国展
◆東京学芸大学学長賞/北嶋 栞菜
◆会長賞/増田 海音
2020 書の大東紙上展(大東文化大学)
◆ベスト 30 /北嶋 栞菜・増田 海音・篠崎 加奈
第49回全国高校書道展(四国大学)
◆大賞/村松 怜
◆推薦賞/増和 陽菜・阿部 南萌
第19回全国書道展(岐阜女子大学)
◆静岡県教育委員会教育長賞/市川 千愛
◆書道展賞/堀田 夏帆
◆大学賞/増和 陽菜・須藤 愛帆
第66回静岡県高等学校文化連盟西部支部書作展
◆静岡県高等学校文化連盟書道専門部会長賞/吉原 美歩
令和2年度文部科学省後援硬筆書写技能検定・毛筆書写技能検定成績優秀者表彰
◆優良賞(毛筆準1級) /大石 くるみ